教育・保育内容


 自我が芽生え、他者の存在を意識し、自己を抑制しようとする気持ちが生まれる幼児期の発達の特性を踏まえ、入園から修了に至るまでの長期的な視野を持って充実した園生活が展開できるように配慮いたします。本園では幼稚園教育要領、保育所保育指針に定める5領域に基づき、基本的な生活習慣(挨拶・排泄・食事・睡眠・話を聞く・集団行動・コミュニケーション)の確立を目指します。


米人教師による英会話のレッスンを週3回取り入れたカリキュラム編成になっています。

 


音楽の基礎学習のすべてを体験させることで、集中力や絶対音感を育て、情緒豊かな人間を育てます。

 


漢字の絵本、俳句集、フラッシュカード等を用いて、読書力、暗誦力、集中力等の芽を育みます。

 


プリント教材によるもじ、かずの指導の他、詩集、社会生活編を用いて公衆道徳の芽を育みます。

 


図形の問題を中心としてものの考え方の基本を学び知的基礎能力を育みます。

 


自ら健康で安全な生活を作り出す力を育むため、週1回専門講師による体育遊びを採り入れています。

 


 


 

※本園では上記のような特色ある教育を採り入れながら
幼稚園教育の5領域の指導にあたります。